保育士 転職一覧

【子供・保護者】保育士の信頼関係の築き方。私だけ築けない・・・

保育士が信頼関係を作らなければいけないのは、子ども相手だけではありません。子どもを保育園に預けている保護者にも、保育士は信頼してもらわなければ家庭との連携が上手く取れません。お互い気持ち良く保育や育児を協力して行えるように、信頼関係はしっかりと作っておきましょう。

詳しく

NO IMAGE

【聞きました】保育士ならではのストレス発散方法。これでスッキリ!!

ここでは保育士ならではのストレス発散方法を聞きました。ストレスが溜まっている保育士さん。是非、こちらの記事を参考に発散してみてください。

詳しく

保育士の給料の仕組み。給料が安い理由。海外の保育士との比較

子供を預かるという重大な責任を負う仕事なのに給料が安い……そう考えて資格を持っているにも関わらず保育の現場から離れてしまう人は多くいます。一体、なぜこういうことが起こるのでしょうか?ここでは、保育所の金銭的な運営面について探ることで、保育士の給料が安い理由を解説していきます。

詳しく

『保育の仕事がとてもつらいです。どうすればいいでしょうか?』

保育士は優しい人が多いですから、その職場の保育に納得がいかなかったり自分への周りの職員の風当たりが強くてもなんとかこらえて子供たちのために尽くそうとしがちです。この記事では、保育士おとーちゃんこと須賀義一さんのもとに寄せられる保育士の悩みをQ&A方式で回答してもらっています。

詳しく

障害児担当保育士。失敗しない加配保育士としての転職・再就職

障害をもった子どもだけに焦点を当てて専門的にかかわりたい、あるいは、正規職員として障害のある子どもにかかわりたい、と思うならば、児童発達支援施設への就職を考えるのも手だと思います。この記事では、そんな障害児担当保育士がうまく転職や再就職するためのポイントを解説しています。

詳しく

保育士の転職で不利になることって?転職=リスクは間違い?

転職にはメリット、デメリットがあり、自分のキャリアと転職市場の状況をしっかりと見極めながら決心しなければなりもせ。ここでは、今保育士の転職を考えておられる方、あるいは、転職について悩んでおられる方に、そのメリットやデメリットを織り交ぜながら解説していきます。

詳しく

【体験談】保育士が転職へと踏み切るまでのぶっちゃけ話

保育士が転職を踏み切るまでには様々な理由があります。ここでは、実際に保育士さんが転職に踏み切った時の体験談をもとに質問形式で答えていただきました。転職の不安もあるかと思いますが、悩んでいても仕方ないです。まずは、一歩を踏み出しましょう。

詳しく

保育士のUターン・Iターン転職とは。保育士には向き?不向き?

保育士のUターン・Iターン転職のメリットデメリット、注意すべきポイント、後悔しないための4つのポイントなどについて、保育士の体験談をもとに解説しました。これからIターン転職やUターン転職をお考えの方は参考にして見てください。

詳しく

サクっとわかる保育園見学メリット・マナー・見るポイント等②

こちらの記事では、園見学のメリット、マナー、見るべきポイントをわかりやすく解説します。これから就職試験を受けて合格すれば、就職をして今後何年もお世話になる園になるかもしれません。そのため、できるだけ良い印象を与えられるように、園見学のマナーをしっかりと守った上で見学を行うようにしましょう。

詳しく

保育士として復職。ブランク不安の解消法を実際に聞きました②

ここではブランクから保育士に復職するために、面接での良い対応の仕方から、ブランクを埋めるための参考本や参考セミナーまで様々なことをお伝えしています。あなたが今から復職を考えている保育士さんであれば是非、読んでみてください。

詳しく

保育士の転職を失敗、後悔、長期化する人がやってしまう事 そうならないために

保育士の転職を失敗する人には類似した特徴があります。失敗すべくして失敗しているんですね。 「他人のせいにしていませんか?」 転職で失敗するには2つの理由があります。 •内部要因 •外部要因 これを知ることで失敗や長期化を避けることが出来ます。

詳しく

保育士として復職。ブランク不安の解消法を実際に聞きました①

ここではブランクから保育士に復職するために、面接での良い対応の仕方から、ブランクを埋めるための参考本や参考セミナーまで様々なことをお伝えしています。あなたが今から復職を考えている保育士さんであれば是非、読んでみてください。

詳しく

保育士の求人はハローワーク・ネット1番好条件求人があるのは?

保育士の求人はどこで探すのがもっとも好条件の転職ができるのか?ネットでの求人検索が一般的ですが、ハローワークは無料ということもあり、掲載数でどの求人媒体よりも多く掲載されてるメリットもあります。どの媒体がいいのか?オススメの方法をまとめました。

詳しく

50代保育士に転職先はある?月収や50代にあった求人の探し方

50代の保育士の転職では、子育て経験があり、しかも時間に余裕がある、融通が利くという大きなメリットがあります。これらは、売り手市場として、子育て世代の30代から40代の方よりもかなり有利になることは間違いありません。フルタイムでの勤務も可能で買い手である保育園にとっても大きな戦力となりますよ。

詳しく

40代保育士が転職。実際、転職は難しい?体力必要っていうけど…

40代後半での保育士の転職はなかなか難しいといえます。いくら経験があってもブランクの年数によっては、新人以下という見方をされます。ただ、保育士不足の今なら、40代後半の保育士であっても転職のチャンスは見えてきます。こちらの記事を読めば、40代保育士の転職への備えやアピールポイント、転職の考え方などがわかるでしょう。

詳しく

30代保育士転職の実際。園は若い子より30代以上が欲しいといいます。

30代の保育士の転職は、売り手市場にとっては最後の機会だとも言われます。確かに転職を考えるときに35歳を過ぎたころからだんだん難しくなってくるのは事実です。ただ、社会情勢を見ましてもまだまだ買い手市場としても、手に入れたい30代ということにもなっています。30代の保育士は実際求められているのか?実情を調べました。

詳しく

保育士転職の選び方。経験者と未経験者の選び方4つの違い

転職する際、求人情報をもとに自身に合った求人を積極的に探し出すことになりますが、転職先はどこでもいいというわけではありません。安易な転職になってあとで後悔することのないように、求人情報の意図するところをしっかりと読み取ることも重要です。以下保育士の転職先を選びで気を付けるポイントを、体験談を織り交ぜながらご紹介します。

詳しく

保育士1年目転職は今後に影響は?1年目が転職を考える原因

「保育士1年目もたってない中、本当に転職して大丈夫だろうか?」世間的に言えば1年もたっていないうちに転職することは正直あまりよくありません。ですが、必ずマイナスになるかといえばそうではないですね。この記事を読めば、あなたが今の保育園を転職すべきかどうかの判断がつくようになるでしょう。

詳しく

保育士転職の時期。意外に知られていない良い求人が出る時期

「あ~もう耐えられない・・・だからもう辞める・・・」社会人としてはよくないですが、その選択もありだと思います。でも・・・感情だけで辞めてしまうとあなたが損をする可能性があります。保育士として転職の時期は未来を大きく左右します。この記事では、賢く転職に最適な時期がいつなのかを保育士の体験談を元にご紹介しております。

詳しく

保育士の悩み | 保育士は転職して年収は上がるの?上がる傾向にある施設を知ろう

保育士の悩み解決します。色んな事情があり保育士を転職する際、給料を今よりも良い園を探します。しかし、必ずしも給料がよくなることはありません。給料の安さで転職をする人は、転職する前に、給料が高い施設や園の特徴を知っておくと良いでしょう。

詳しく

おすすめ企業情報