アメリカの保育事情!保育士の給料や保育内容は?離職率が高い?

アメリカの保育事情

いまや世界を代表する超大国・アメリカ。

映画やファッションなど、文化を中心に注目されているアメリカですが、どんな保育が展開されているのでしょうか?

今回は、「アメリカの保育事情が知りたい!」という保育士向けに、アメリカの保育現状や、保育士の給料、保育内容、離職率についてご紹介します。

アメリカの保育園は民間サービスが主流!でも保育費用が高すぎる?

アメリカの保育サービスは、民営化が進んでいるので、公立保育園などは、かなり少なめ。

アメリカの民間の保育施設は、主に3つに分類されています。

以下、それぞれの保育施設の特徴をまとめたものです。

保育施設 対象年齢 特徴
デイケア(保育園) 0歳~小学校低学年

・生後6週間からでも預けられる

・プリスクールと同じプログラムを実施している園も

・小学生にとっては学童保育のような場所

プレスクール(幼稚園) 2~5歳

・午前に数時間といった感じで半日預かることが多い

・小学校の長期休暇と同じく休園期間がある

・様々な幼児教育プログラムを実施

キンダーガーデン(小学校初年度) 6歳

・小学校初年度、義務教育の始まりの1年目を指す

・日本では年長クラスと同じ年齢の子どもが対象

アメリカでは、保育園に預ける人は、少ないです。子どもが0~1歳児の頃は、家族かベビーシッターに預けて、2歳あたりからプレスクールに通わせるという家庭が、ほとんど。

プレスクールでは、日本の幼稚園のように、音楽や運動、工作や勉強などの幼児教育プログラムを行います。

モンテッソーリ教育やシュタイナー教育などを実施している園も多いです。

アメリカの公立小学校の入学は、日本より少し早めの6歳から。州によっては、5歳から入学できるキンダーガーデンも。

アメリカでは年齢よりも「子どもの個性・発達度合い」を重視した、多様性のある保育・教育が特徴です。

アメリカの保育園に務める保育士の給料

アメリカの保育士の給料

残念ながら、アメリカの保育士も給料が安いんです…。

2011年のアメリカ労働省のデータによると、

アメリカの保育士の平均時給は7.9~9.5ドル(800~1000円)。

スーパーのレジ係よりも安いという結果に…。ちょっとショックですね、、、。

ちなみに、プレスクールやキンダーガーデンの教員の時給は、3,000~4,000円が相場。何と、保育士の3倍の給料となっているのです!

かなりの格差ですね。

教員免許が、必須条件であるとはいえ、保育園との給料の差は、計り知れません。

アメリカの保育園では保育士の離職率が問題に

安い給料に、ハードな仕事内容…。アメリカでも、日本と同じように離職率は、高いです。

近年、アメリカでは、慢性的な人員不足が問題視されています。何と、アメリカでは、保育士の離職率が日本の3倍なのです!

全米幼児教育協会の2004年のデータによれば、保育士の平均離職率は30%以上。ちなみに、日本の保育士の離職率は10%程度。

なぜ、アメリカでは、こんなにも保育士の離職率が高いのでしょうか?

それは、時給1,000円未満という低給料に加え、福利厚生制度がないことが、大きな原因です。

アメリカのほとんどの保育園では、

・健康保険

・年金

・研修費

上記を支援する福利厚生制度がありません。不安で仕方ないですね。。。

医療費が高額で、国民保険制度のないアメリカでは「保育職は、健康保険が職場から支給されない職業。働き続けるのは無理!」といって辞める人が多いのです。

今後のアメリカでの取り組みが、注目されています。

アメリカの保育園の保育内容と1日の流れ

アメリカの保育園の仕事内容

アメリカでは、プリスクールと同じような内容の保育をする保育園が多いです。

日本の保育園と同じように、年齢ごとの部屋に分かれていて、年齢に合った遊びや主活動が行われています。

アメリカの保育園の年中~年長クラスの1日の流れは、以下の通り。

9:00

登園

10:00

主活動(文字遊び、算数、音楽表現、工作)

10:30

外遊び

11:00

室内遊び

12:00

昼食

13:00~14:00

お昼寝

15:00

おやつ

16:00~17:00

お迎え、自由遊び

18:00

閉園

就学前に備え、文字の書き方や数の数え方などを学ぶほか、クッキングやグループディスカッションといった活動も行われています。

ディスカッションは、保育士が、子どもたちへ「今日の天気は晴れ?くもり?」「どんな服を着たらいい?」と問いかけ、子どもたちが答え、徐々に話題を広げていくというもの。

就学前の知識や、生活習慣の習得のほかに「コミュニケーション能力」にフォーカスした保育が特徴です。

アメリカの保育園に興味があるなら日本のプリスクールに転職するのもアリ!

アメリカの保育園に興味があるなら日本のプリスクールに転職するのもあり

日本にも、プレスクールやインターナショナルスクールがたくさんあります。

プレスクールは、外国人の講師が多数在籍している保育園や、日常会話のほとんどが英語という保育施設です。

日本人の保育士の募集もしているので、アメリカの保育園に興味がある人は、転職サイトを利用して、あなたにぴったりの保育園を見つけてみましょう!

参考文献:【アメリカ】 米国における保育の質研究-保育者の離職について

内閣府 保育サービス

厚生労働省 保育士等における現状

おすすめ企業情報